学科長あいさつ

「食べる」(栄養?食)を通じて、地域の健康に一緒に貢献しませんか。

 栄養とは、外部から食物を摂取し、含まれる栄養素を体内に取り込み、代謝を通じて、生命を維持する一連の営みをいいます。この適切な営みによって生体の恒常性が保たれ、生命活動が維持され、健康的な生涯を全うできます。よって栄養は健康や疾病と深く関わり、管理栄養士は、栄養の専門職として人々の健康長寿、人間らしく生きるの願いに応えるのです。

 

 少子高齢化や情報化社会の中で食や栄養問題が多く存在し、これらは個々に違いがあり、複雑化しています。また今は、保健?医療?福祉?教育などの場で広く栄養が注目され、さまざまな制度やシステムが新設?上方修正されています。本学科は、これらに専門的知識と技術?意欲を持って実践できる管理栄養士の育成に注力しています。

 

 カリキュラムは、「人間総合科学科目」「専門科目」「健康科学部共通科目」で構成し、4つの力(自らを高める力、専門的知識に根差した実践力、創造力、統合的実践力)を育成しています。

 

 「食べる」(栄養?食)を以って、「生きる」(生命と健康)の課題に情熱的に対峙し、人や地域に貢献したい学生を学科教員一同お待ちしております。

 

栄養学科長 齋藤長徳 教授

管理栄養士

旧常盤村出身。病院等の勤務を経て、本学に2009年4月より勤務。

専門分野:給食経営管理、臨床栄養

研究分野:栄養士制度、災害時の栄養?食支援

ページの先頭へ

ホームへ戻る