3つのポリシー

 

学位授与の方針(ディプロマ?ポリシー)

bbin体育客户端健康科学部は、看護学?理学療法学?社会福祉学?栄養学を教授し、学位(学士)を与える大学です。本学は4学問分野がともに人々の健康の保持?増進を目指した科学であり、人間へのケア(ヒューマンケア)を通して、人々の健康的な生活に寄与できることを目標としています。これらの学問の探求や実践を通し、健康な地域社会を創造することが本学の理念です。


この理念を達成するために、本学学生が卒業時点で身に付けておくべき能力を4つ挙げました。この4つの力を育成するために構築したカリキュラムのもとで学び、所定の単位を取得した者について、本学は卒業を認定します。

 

1.自らを高める力

―豊かな教養をもとに、適切な表現力をもって自ら学ぶことのできる力―

  • 物事に対する深い理解力とグローバルな視野を持つために幅広い教養を身につけ、豊かな人間性をもとに多様な考え方を受け入れることのできる能力を有する。
  • 自律して学習を組み立て、適切に探求でき、これを自己の成長につなげることができる能力を有する。
  • こころを開いて相手に接し、相手を理解し、自らの考えや気持ちを適切に表現し相手に伝えることができる。

 

2.専門的知識に根差した実践力

―高度な専門的知識と技術、倫理的態度を獲得し、これを踏まえて実践できる力―

  • ヒューマンケアを行うために、ケアの対象とその生活について個人から地球レベルまでの理解を深め、ケアの目的である対象の健康を維持?回復できるよう、各々が志向する学問分野で力を発揮できる知識を持つ。
  • 実際に人々や地域と関わり、情報を収集?分析し、有効なコミュニケーションで、相手に沿ったケア実践や教育ができる。
  • ケアの対象を支えるために必要な人権や職業的倫理に関する知識を持ち、態度として体現?実践できる。

 

3.創造力

―獲得した知識や技術を発展的に活用できる能力―

  • 収集した情報を分析し、解決方法を実践し、その結果を評価、フィードバックする、問題解決の過程を進めることができる。
  • 物事を論理的に考え、根拠をもとに多様な観点から吟味し、自らの思考についても批判的に考えることのできる思考力(クリティカルシンキング)を持つ。
  • 科学の概念や手法についての知識をもち、健康の保持?増進に関する情報を適切に獲得、理解、評価することができる。

 

4.統合的実践力

―繋がりあうことでより大きな力を発揮できる実践力―

  • 保健、医療及び福祉の多職種や多機関が連携?協調するために必要なコミュニケ―ション能力、メンバー?リーダーシップを持ち、健康的な地域の創造に向け、対象を中心としたチームアプローチができる実践力を持つ。

 

 

教育課程編成?実施の方針(カリキュラム?ポリシー)

Ⅰ.本学のカリキュラム構成

本学のカリキュラムは、「人間総合科学科目」、「専門科目」、「健康科学部共通科目」で構成し、これらをもってディプロマ?ポリシーに掲げた4つの力(自らを高める力、専門的知識に根差した実践力、創造力、統合的実践力)を育成します。


〇「人間総合科学科目」には、5つの科目群を置き、自らを高める力を育成し、専門科目で学ぶ基盤を作ります。


〇「専門科目」は、習得の順序性を重視し、「専門支持科目群」、「基幹科目群」、「展開科目群」から構成します。「専門支持科目群」と「基幹科目群」では主に専門的知識に根差した実践力を、「展開科目群」では主に創造力を育成します。


〇「健康科学部共通科目」は、これからの保健、医療及び福祉を担う人材に共通して必要な能力を育成する科目であり、創造力及び統合的実践力を育成します。


また、多様な入学者が円滑に本学で学べるように、「補強学習科目群」を置き、高校までの習得状況に応じて、入学者が自ら選択して学び、学習の基盤づくりができるようにします(修得単位には含めません)。

 

Ⅱ.4つの力を育成するカリキュラム?ポリシー

学科による特殊性が大きいので、学科ごとに区別して表しています。各学科のカリキュラム?ポリシーを確認してください。

 

 

入学者受入れの方針(アドミッション?ポリシー)

 本学の理念は、「公立大学法人bbin体育客户端は、青森県の保健、医療及び福祉に係る諸課題の解決に向けて、「いのち」を育んできた創造性と四季豊かな自然に恵まれた地域特性を生かした教育研究活動を進め、ヒューマンケアを実践できる人間性豊かな人材を育成するとともに、bbin体育客户端を地域に開かれた大学として地域社会、ひいては国際社会の発展に貢献する」ことです。ここでいうヒューマンケアとは、ケアの提供者が知識や技術を磨き、さらに、人間とは何かを理解し、健康な人々から病気や障害をもった人々まで、それぞれの人々の心の痛みを感じとる思いやりと温かさを持ち寄り添うことです。

 この理念に基づき、本学は、高度の専門職知識と技術を備え、保健、医療及び福祉の連携、協力に向けて、社会の幅広い領域で中核的な役割を果たすことのできる優れた人材を育成し、もって地域の人々の健康及び福祉の向上に寄与することを目的としています。

 

 本学は、健康科学部において、保健、医療及び福祉の専門職として地域社会で活躍できる人材育成を目指しています。このため、健康科学を探究し、互いの専門性を尊重しながら連携、協力を図り、ヒューマンケア実践への意欲の高い、次のような資質を有する学生を求めます。

 

○ 健康科学部アドミッション?ポリシー

 「人」や「健康」への深い関心と、生命を尊重する気持ちを持って、ケアする専門職となることへの動機付け を有していること。

 また、個性豊かでパイオニアになるための素養としての論理性や独創性を有し、何事にも主体的に取り組む姿勢を持つ学生を求めます。

 

(知識?技能)

1 入学後の修学に必要な基礎学力を有している。

 

(思考力?判断力?表現力等の能力)

1 物事を論理的に考え、探究することができる。

2 自らの考えや気持ちを表現し、相手に伝えることができる。

 

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

1 周囲の人と連携?協調し、良好な関係を保つことができる。

2 相手の立場を理解し、多様な考え方を受け入れることができる。

 

(意欲、専門分野への興味?関心)

1 健康科学に対する関心度が高く、自ら進んで学習する意欲がある。

2 目指す学問分野や専門職についての予備的知識をもとに、専門職として地域社会に貢献したいという情熱がある。

 

各学科の3つのポリシー

看護学科
理学療法学科
社会福祉学科
栄養学科

ページの先頭へ

ホームへ戻る